評価グループ

評価グループはIDCJ評価部と一体となって活動し、評価部が行う以下の業務を支援しています(総勢約20名)

  • 評価業務
    主なクライアントは、外務省、JICA、そして最近では国際的なNGO、国内のNPO、公益法人などに広がっています。
    ・外務省委託「ネパール国別評価」(2012年)
    ・JICA委託「ベトナムにおける我が国ODAインパクトに係る情報収集・確認調査」(2013年度)
    ・セーブザチルドレン委託「東日本大震災復興支援事業(GEJAREP)中間評価調査」(2013年度)
    ・日本赤十字社「ミャンマーサイクロン復興⽀援事業(学校再建事業)の事業評価支援業務」(2012年度)
    ・日本財団「障害者支援施設(就労継続B)の整備等の評価」(2013年)
  • 評価能力向上のための長期的技術協力(複数年)
    ひとつの国に長期間滞在して研修等の技術支援を行っています。
    ・ネパール「モニタリング評価システム強化プロジェクト(Phase2)」(2011-2015年度)
    ・タンザニア「ASDP事業実施監理能力強化計画プロジェクト(Phase2)」(2010-2014年度)
  • 研修事業
    日本社会における評価能力向上のために各種研修事業を実施しています。
    ・「評価士養成講座」(日本評価学会主催)
    ・「プロフェッショナル統計分析ワークショップ」
    ・「国際NGO対象インパクト評価研修」